上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.12.05 先生の子育て
先生の子育て



 なんでそんなところをひとりで歩いていたのかわからない。一年生の教室から離れた宿直室がある廊下にひとはだれもいなくて静かだった。
 そこが宿直室であると知ったのは高学年、多分、四五年生になってからだが思わず覗き見するようなことになったのは、戸が開いて宿直室の入口が明るかったからだ。部屋の窓の白い光が戸口にとどいていたのであったかもしれない。
 その窓の下にうずくまるようにして担任の先生が、赤ちゃんにおっぱいを与えていた。膝をついた中腰な姿勢のままの先生がこちらを見て、眼が合った。赤ちゃんは上を向いて、先生の胸に顔でぶら下がるようにしておっぱいを吸っていた。
 ほんの少し前には教室にいた先生が、短い休み時間にこんなところで赤ちゃんにおっぱいを飲ませていることがわかってびっくりしたけれど、先生が教室にいるあいだ赤ちゃんがあのうす暗い部屋にひとり寝かされていた、あの頃はそんなことも当たり前だったのだろうかと考えたのは大人になってからであったと思う。
 お年寄りにインタビューして先人の体験を貴重な財産として後世に残す「記憶の銀行」(2009年10月30日付「朝日新聞」)がイタリアに始まって世界に広がりつつあるという。それは子育てさえ国が後押ししてくれる時代に、若いひとたちが自らの目標を見つけられなくて戸惑っている姿とみることもできるけれど、そのまじめさはたたえられていい。
 ぼくの場合というべきか、ぼくらの時代というべきか、何もない殺風景な部屋で戸を閉める寸時も惜しむように赤ちゃんにおっぱいを与えていた担任の先生の姿が宝物であったかもしれない。
 そのことを今日までだれにも話さなかったのではなくて、話せなかった、自分がこうしておとなになりましたと伝えることは難しい。ぼくが小学校に入学した年だから、昭和23年のことだった。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。