上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
正義よ、のりピーを撃て




 鳩山内閣発足の翌日、のりピーが保釈になって、500人の報道陣が詰めかけたという。その数をたしかめられるわけでないが、群がる報道陣の様子をおなじ報道陣のカメラがとらえて、それも映してくれるのだからなるほど凄いもんだという雰囲気だけは十分にわかる。

 騒ぐ当事者がその騒ぎをまた報じて、事態を途方もないものとして見せてしまえば、それほどに重大重要なことであったかどうかはどうでもいいことになってしまう。
 それがテレビで清純無垢なのりピーも、何かしらうさんくさそうなのりピーもテレビがつくって見せてくれたもの、視聴者はテレビの前で煽られていればいいだけの存在ということもできる。

 マスコミとかメディアというけれど新聞や週刊誌でなくてテレビ、テレビゲームとかインターネットやケイタイではなくてやはりテレビ、このテレビだけは特別なものであるように思う。

 テレビを「買う」ことが非であれば別だけれど、衣食住をそろえることとおなじ、買いたいと思う「欲望」に責められるべきものはない。
 けれど一度買って茶の間においてしまうと、温厚で柔順な画面から放射されて誘い込む、何か得体の知れない「力」には抗するすべがない。

 のりピーが獄中にあった40日間は、麻生さんが予測解散をして鳩山首相が誕生するまでと重なったことから、たくさん(いるはず)の疑惑者のなかからのりピーが選ばれ(たかもしれなく)て逮捕されたのには何かウラがあるのではないかという穿った見方もあったようだ。

 誰に何を謝罪する必要があったのか、のりピーが誰かに、あるいは世間に何か迷惑をかけたわけではないだろう。
 そんなのりピーがカメラの放列に深々と頭を下げた。覚めているようにも思わせた顔ののりピーの足元には、たぬきのぬいぐるみででもあるかのような大きなマイクがおかれて、のりピーの声もはっきりきくことができた。

清純無垢ののりピー笑顔がプリントされたシャツを着込んだ若者ともいえない年ごろの
男性が、「もう、どのくらいファンなのですか?」とマイクをむけられて、ウフッとふくみ笑いでもするように、「逮捕されたときから――」と応じて背をむけた。
 思わず噴きだしてしまったが、こちらまでのりピーを応援してやりたい気分なのに気がついてちょっとあわてた。

 ただのお人形を見ているようで、ことさら清純派と思っていたわけでもないけれど、こんなことになってみると、そうと思わせることなしに敵を味方に、味方を敵につくり変えるくらいのことができる、テレビとはそういうものであるだろうか、ぼくはのりピーがごときに関心はなかったが、いま、のりピーのために何かしてやりたいおじさん、いやいやおじいさんのひとりになりたいと思う。
 テレビがひとの意思や思考回路まで自由自在にあやつることもできるのだとしたら、ひとり茶の間でテレビを抗して生きよう、のりピー応援もその方途であるとしたら何とわかりやすい生き方であることか。しかし、それは、可能なことであるのだろうか。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://katuosensei.blog53.fc2.com/tb.php/36-5445eb1b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。